【日経ビジネス】多様化が進む中国の消費現場

2019/9/11

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
多様化が進む中国の消費現場

「中国は~だ」と断定するにはあまりにも広大で多様過ぎる中国。このような多様性は日常生活における消費シーンでも垣間見ることができ、日本と比べて価格帯の幅が広くなっています。

例えばビール。安い物であればローカルスーパーで4.5元(約72円)で買える一方、ある高級スーパーには一本6666元(約10.6万円)の輸入ビールが置いてあります。

中国都市部における消費現場のリアルを紹介します。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

 

投稿者:

西村 友作

中国 対外経済貿易大学 教授、日本銀行北京事務所客員研究員、専門は中国経済・金融。