【日経ビジネス】競争激化で淘汰が進む中国の生鮮EC。商品力と資金力で明暗

2022/9/14

昨年6月には米ナスダック市場で上場を果たした毎日優鮮が突然の経営危機に陥りました。

我が家の近くにある毎日優鮮の拠点に行って見ると看板だけが取り残されもぬけの殻となっていました。久しぶりに毎日優鮮のアプリを立ち上げてみましたが惨憺たる状況でした。

毎日優鮮の問題について私自身の経験談を交えつつ論じています。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら

【日本経済新聞】経済教室『苦境続く中国経済(中) 「投資主導で安定成長」 道険し』

2022/9/6

中国経済が試練を迎えていますが、5年に1度の共産党大会を今秋に控えた中国にとって、経済の安定成長が極めて重要です。

本稿では、危機時における中国政府の経済政策を考察した上で、副作用として顕在化する地方政府の過剰債務問題、その背後で複雑に絡み合う不動産および人口問題について分析しています。

最後に、現下の経済政策を踏まえて、中国経済の短期・中長期的展望を論じています。

記事はこちら ※有料会員限定

【日経ビジネス】消費喚起につながるか?中国の「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」

2022/8/10

消費促進に向けた具体的な支援強化策が矢継ぎ早に打ち出されています。

私が住む北京では、消費喚起を目的とした夜間経済(ナイトタイムエコノミー)エリア「夜京城(北京ナイトシティ)」でイベントが始まりました。また、飲食店や宿泊施設を対象にした消費クーポンも配布されており、私もよく利用しています。

中央、地方政府による経済刺激策や行動制限に関する規制緩和を受け、街は徐々に活気を取り戻しつつあります。コロナ再燃リスクは予断を許しませんが、個人消費は着実に回復していくと思います。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】中国の不動産市場は規制緩和で復活するか

2022/7/13

2021年下期から低迷が続く不動産市場のテコ入れに中国政府が躍起になっています。

利下げに加え、「因城施策(都市の実情に合わせた施策)」で各地方政府が様々な需要喚起策を打ち出しています。

全国的な不動産市場は底打ちしたと思われますが、都市により状況は異なります。人口流入が進む大都市と過疎化が進む地方都市との二極化がさらに鮮明となりそうです。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】試練を迎えた中国経済 インフラ投資頼みの景気活性化は限界か

2022/6/8

5月は上海のロックダウンに加え、北京でも大規模なPCR検査や交通制限措置の実施、商業施設の一時営業停止など、厳しい防疫措置が実施されました。

1人当たりGDP一位の北京と二位の上海の経済活動縮小が中国経済全体に与えるインパクトは甚大です。

経済の安定成長を目指す中国政府は、6分野33項目の経済対策を公表しました。中でも投資に関しましては、インフラ投資頼みが限界に近付いており、次の一手として「国有資産の有効活用」を打ち出しています。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら