【日経ビジネス】アリババ傘下アント、上場資金3.7兆円で「世界展開」へ

2020/10/14

アントグループの上海・香港同時上場が近づいてきました。調達額は350億ドル(約3.7兆円)にも達すると言われており、実現すれば史上最高となります。

今回の上場で調達した巨額の資金の国内外における使い道について考えてみました。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】大手IT企業5000人超採用も! 中国の最新就活事情

2020/9/9

来年に卒業を控えた教え子たちの就職活動が始まりました。今年は新型コロナの影響で、就活の中心となる業界や企業が求める人材にも変化が表れ始めているようです。

また、社会的デジタル化の発展に伴い、「数碼農民(デジタル農民)」と呼ばれるIT業界の技術者たちの職場環境も変化するかもしれません。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】中国の地方債、57兆円のゆくえ 注目が集まる「新型インフラ」

2020/8/12

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
中国の地方債、57兆円のゆくえ
注目が集まる「新型インフラ」

急回復している中国ですが、年後半にかけてさらにインフラ投資が増加すると見込まれています。

特に注目を浴びているのが政府主導で進む「新型インフラ」の建設。政府プロジェクトが呼び水となり、これらの分野には民間からも巨額の投資マネーが注ぎ込まれるでしょう。

インフラ投資の原資となるのが3.75兆元(約57兆円)の地方専項債(特別債)です。2020年上期における発行状況を分析すると、地方ごとに異なる実態や具体的なプロジェクトなどが見えてきました。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら