【日経ビジネス】中国社会から見るキャッシュレスの利点と欠点

2019/4/10

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
中国社会から見るキャッシュレスの利点と欠点

日本でも最近話題となっているモバイル決済ですが、中国では2014~15年頃からすでに普及が始まっており、多くの経験を積み重ねてきました。この数年間の実践を経て、モバイル決済の「メリット」と「デメリット」が徐々に明らかになってきています。

また、「中国には偽札が多く流通しているからキャッシュレスが進んだ」という話を日本ではよく耳にしますが、この「偽札説」の誤解もここで解いておきたいと思います。

モバイル決済においてはメガバンクがQRコードの規格を統一することで合意し、PayPayやLineペイなど多くの企業がQRコード決済事業に参入しています。「決済戦争」は混迷の様相を呈していますが、今後日本でこのQRコード決済が進んでいくとなると、現在の中国の動向は日本にとっても参考になると思います。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【横浜商工会議所】「世界の注目国・地域セミナー・シリーズ7【中国】」に登壇しました

2019/2/13

ジェトロ横浜、横浜商工会議所、横浜市経済局、 公益財団法人 横浜企業経営支援財団、国際協力機構(JICA) 横浜センターの「世界の注目国・地域セミナー・シリーズ7【中国】」に登壇、「激化する米中貿易摩擦下の中国新経済」について講演を行いました。

セミナー告知ページはこちら

 

【日経ビジネス】中国ではどうやってモバイル決済が広まったのか

2019/2/13

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
中国ではどうやってモバイル決済が広まったのか
起爆剤となった「微信紅包」

中国ではすでに日常的に利用するようになっているモバイル決済。

2013年8月からサービスが始まったウィーチャットペイが爆発的普及の起点となっていますが、その背景には「紅包(ホンバオ)」と呼ばれる中国の伝統文化を利用したキャンペーンがありました。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

 

【書籍】「アントフィナンシャル~1匹のアリがつくる新金融エコシステム」の巻末解説「アリの新たな挑戦」を執筆しました

2019/1/25

【書籍】「アントフィナンシャル~1匹のアリがつくる新金融エコシステム」(みすず書房)の巻末解説「アリの新たな挑戦」を執筆しました

本書は2017年前半に脱稿しておりますが、アントフィナンシャルを取り巻く環境はその後かなり大きな変化を迎えています。つきまして、全体の解説に加え、2017年後半以降の国際情勢、国内規制の変化にフォーカスし、アントフィナンシャルの今後の展望を示しました。

書籍詳細はこちら

Amazon書籍ページはこちら

書評サイト「ALL REVIEWS」で巻末解説全文がお読みいただけます。ページはこちら

【日経ビジネス】中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ

2018/12/26

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ
リアルとデジタル融合なのに「労働集約型」

リアルの小売り店舗とデジタル空間のEコマースを、最先端の物流技術を使って融合させるという次世代の小売りモデル「新零售(ニューリテール)」。その急先鋒であるアリババの「盒馬鮮生」とテンセントの「7FRESH」の店舗に行ってみましたが、現時点では課題も少なくなさそうです。

私が感じた最大の課題は「コスト」。最先端のテクノロジーを導入している一方で、以前としてワーカー頼みの作業が多く、全体的にコストが高止まりしているようです。

これらの次世代スーパーは赤字が続いているようですが、中国での生活は確実に便利になっていますので、このような新しい試みは応援しています。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【書籍】「現代中国を知るための52章【第6版】」を一部執筆担当しました

2018/12/14

【書籍】「現代中国を知るための52章【第6版】」

第14章「『新常態』下の成長モデル」、第15章「急成長するニューエコノミー」、第22章「変容する対中直接投資」の執筆を担当しました。

Amazon書籍ページはこちら

【国際通貨研究所】国際通貨研究所セミナーに登壇しました

2018/8/29

国際通貨研究所で、「中国における供給側構造改革とニューエコノミー」と題した講演を行いました。

金融機関・企業、大学、メディア、大使館などの幅広い方々に多数ご参加いただきました。質疑応答では多くの質問があり、中国に対する関心の高まりを強く感じました。

 

国際通貨研究所セミナー_20180829

 

国際通貨研究所のレポートページはこちら