【日経ビジネス】“キャッシュレス国家”中国で、増える自販機、減るATM

2021/6/9

人々が財布を持ち歩かなくなって久しい中国ですが、国内のキャッシュレス生活は新型コロナウイルス禍を経てさらに加速しています。

その影響を大きく受けているのが銀行で、先日久しぶりに店舗に行ってきましたが、順番待ちの人が一人もおらず直接窓口に案内されました。キャッシュカードによる出金額、ATMの設置台数も激減しています。

その一方で増えているのが自動販売機です。最近北京の街でよく見かけるのが、日本で言う「ガチャガチャ」のような「盲盒(ブラインドボックス)」で、若い女性に人気だそうです。

新型コロナ禍を経て、中国ではATMの産業廃棄物化と自動販売機の普及が加速していきそうです。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】コロナ禍はほぼ収束。中国で進むデジタルの社会実装

2021/5/12

コロナ禍で対面営業が制限を受ける中、中国で広がったのがデジタル技術を活用したオンライン営業でした。

例えば、不動産のVR内覧。私も利用しましたが、とても便利で結果として満足のいく部屋を探し出すことができました。コロナ禍がほぼ収束した今でも、これらの便利なツールは中国人の日常に溶け込んでいます。

『第14次五カ年計画および2035年長期目標綱要』においても「デジタル中国」を建設する目標が示されています。中国におけるデジタルの社会実装は今後さらに加速していきそうです。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】アントはなぜ「上場延期」に追い込まれたのか?

2020/12/9

史上最大の調達額に達すると期待され注目を集めていたアントグループの上海・香港同時IPOが直前で延期となりました。

多くの論点があるかと思いますが、本稿ではシンプルに中国におけるフィンテック企業の位置づけの変化という角度から考察しています。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら