【日経ビジネス】アリババ傘下アント、上場資金3.7兆円で「世界展開」へ

2020/10/14

アントグループの上海・香港同時上場が近づいてきました。調達額は350億ドル(約3.7兆円)にも達すると言われており、実現すれば史上最高となります。

今回の上場で調達した巨額の資金の国内外における使い道について考えてみました。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】大手IT企業5000人超採用も! 中国の最新就活事情

2020/9/9

来年に卒業を控えた教え子たちの就職活動が始まりました。今年は新型コロナの影響で、就活の中心となる業界や企業が求める人材にも変化が表れ始めているようです。

また、社会的デジタル化の発展に伴い、「数碼農民(デジタル農民)」と呼ばれるIT業界の技術者たちの職場環境も変化するかもしれません。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【NewsPicks】【現地報告】コロナ時代、中国で勃興する「新経済」とは

2020/4/1

中国国内における新型コロナウイルスの感染拡大は、社会を止めてしまう厳しい措置を講じたことで歯止めがかかりつつあります。しかし、この間に被った経済損失はあまりにも甚大でした。

中国は「2020年のGDPを2010年比で倍増させる」という国家の威信をかけた必達の目標を掲げています。大和総研では、20年の実質成長率は1.5%程度になり、「公約未達」を予想していますが(※1)、私個人的には、国家を挙げて取り組んでいる重要目標を未達となる想像がどうしてもできません。本文で紹介している「新型インフラ」を中心に、巨額投資を行い、なんとか達成を目指すのではないかと予想しています。

投資金額などの具体案は、現在延期されている全国人民代表大会(全人代)で明らかにされると思います。新規感染者の多くを占めていた外国人の入国を禁止し、事実上封鎖されている武漢は4月8日に解除する予定です。全人代の開催は近いとみて間違いないでしょう。

巨額な投資、規制緩和は我が国の関連企業にとっても大きなビジネスチャンスになると思います。

 

記事はこちら ※会員限定