コラム

【日経ビジネス】日本式「おもてなし」でアリババに挑む中国企業

2019/1/16

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
日本式「おもてなし」でアリババに挑む中国企業
本場のサービスを知った中国国民の選択

前回は中国で進む「新零售(ニューリテール)」の現場を解説しましたが、今回は日本式「おもてなし」で真っ向からそれにに挑むスーパー「果蔬好」を紹介します。

また、中国の元祖「おもてなし」レストランと言えば、日本にもある火鍋店「海底楼」ですが、パナソニックと共同で進めるバックヤード自動化の現場もみてきました。

ロボットアームによる配膳は斬新ですね。お店はものすごい人だかりで、数時間待ちの状況が続いているようです。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【前回コラム】「中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ」はこちら

【日経ビジネス】中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ

2018/12/26

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
中国の次世代スーパー、コスト構造に課題目立つ
リアルとデジタル融合なのに「労働集約型」

リアルの小売り店舗とデジタル空間のEコマースを、最先端の物流技術を使って融合させるという次世代の小売りモデル「新零售(ニューリテール)」。その急先鋒であるアリババの「盒馬鮮生」とテンセントの「7FRESH」の店舗に行ってみましたが、現時点では課題も少なくなさそうです。

私が感じた最大の課題は「コスト」。最先端のテクノロジーを導入している一方で、以前としてワーカー頼みの作業が多く、全体的にコストが高止まりしているようです。

これらの次世代スーパーは赤字が続いているようですが、中国での生活は確実に便利になっていますので、このような新しい試みは応援しています。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【書籍】「現代中国を知るための52章【第6版】」を一部執筆担当しました

2018/12/14

【書籍】「現代中国を知るための52章【第6版】」

第14章「『新常態』下の成長モデル」、第15章「急成長するニューエコノミー」、第22章「変容する対中直接投資」の執筆を担当しました。

Amazon書籍ページはこちら

【ビジネス+IT】「社会信用システム」が2020年中国で実現、監視カメラネットワークが作る世界

2018/12/13

【連載】中国への架け橋 from BillionBeats
「社会信用システム」が2020年中国で実現、監視カメラネットワークが作る世界

先日の日経ビジネスのコラムに続き、今回も「信用」に関する内容となっています。

編集部の意向でタイトルで「監視カメラネットワーク」が強調されていますが、今回の記事のポイントは北京市が発表した「個人信用スコア」の導入で、監視カメラネットワークとの連動はあくまで私の勝手な想像です。

今後この「個人信用スコア」は順調に導入され、将来的には全国に水平展開されるのでしょうか。北京常住人口である私も実際に対象になるので興味津々です。

 

記事はこちら

関連記事 日経ビジネス「中国で信用調査機関結ぶ「スーパーハブ」が誕生」

【TBS】「ニュースの視点」に出演しました

2018/12/12

TBS「ニュースの視点」に出演しました。

テーマは「中国スマホ経済の光と陰」、日本ではPayPayがかなり盛り上がっていますが、モバイル決済が当たり前となった中国では、様々な課題も見え始めており、中国のスマホ決済の現状を詳しく解説しています。

TBS「ニュースの視点」サイトでの放送内容はこちら

 

【熊本学園大学付属高校】「自分の殻を破る〜私の海外チャレンジ〜」と題して講演を行いました

2018/12/8

母校の高校二年生を対象に「自分の殻を破る〜私の海外チャレンジ〜」と題する講演を行いました。

高二といえばちょうど進路に悩む時期。当時の自分に聞かせたい内容を話しました。真剣に自分と向き合うきっかけになってくれれば嬉しいです。

学校による講演レポートはこちら