【日本経済新聞】経済教室『苦境続く中国経済(中) 「投資主導で安定成長」 道険し』

2022/9/6

中国経済が試練を迎えていますが、5年に1度の共産党大会を今秋に控えた中国にとって、経済の安定成長が極めて重要です。

本稿では、危機時における中国政府の経済政策を考察した上で、副作用として顕在化する地方政府の過剰債務問題、その背後で複雑に絡み合う不動産および人口問題について分析しています。

最後に、現下の経済政策を踏まえて、中国経済の短期・中長期的展望を論じています。

記事はこちら ※有料会員限定

【日経ビジネス】中国の不動産市場は規制緩和で復活するか

2022/7/13

2021年下期から低迷が続く不動産市場のテコ入れに中国政府が躍起になっています。

利下げに加え、「因城施策(都市の実情に合わせた施策)」で各地方政府が様々な需要喚起策を打ち出しています。

全国的な不動産市場は底打ちしたと思われますが、都市により状況は異なります。人口流入が進む大都市と過疎化が進む地方都市との二極化がさらに鮮明となりそうです。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】中国地方都市に破綻リスク。4割超が人口減、不動産暴落も

2022/3/9

過疎が進む地方都市で財政破綻リスクが高まっています。

人口センサスによると、4割を超える地方都市が過去10年間で人口減少へと転じています。中でも東北三省(遼寧・吉林・黒竜江)が極めて深刻で、ほぼすべての都市で人口が減っています。

地方債の返済が相次ぐ来年以降、土地譲渡収入が回復しない一部の地方政府では、財政破綻リスクが顕在化するかもしれません。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら