【日経ビジネス】混迷の中国不動産市場、「保交楼」政策で救えるか?

2022/10/12

今年7月以降、中国各地でローン返済拒否の動きが広がっており、中国政府は「保交楼(不動産の引き渡し保証)」政策を打ち出しました。

「保交楼」の手法の一つが不動産救済基金を通じた資金の注入です。

地方政府による不動産救済基金のスキーム、政策性銀行による特別貸出などを考察したうえで、その政策効果についても論じています。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら

【日本経済新聞】経済教室『苦境続く中国経済(中) 「投資主導で安定成長」 道険し』

2022/9/6

中国経済が試練を迎えていますが、5年に1度の共産党大会を今秋に控えた中国にとって、経済の安定成長が極めて重要です。

本稿では、危機時における中国政府の経済政策を考察した上で、副作用として顕在化する地方政府の過剰債務問題、その背後で複雑に絡み合う不動産および人口問題について分析しています。

最後に、現下の経済政策を踏まえて、中国経済の短期・中長期的展望を論じています。

記事はこちら ※有料会員限定

【日経ビジネス】中国の不動産市場は規制緩和で復活するか

2022/7/13

2021年下期から低迷が続く不動産市場のテコ入れに中国政府が躍起になっています。

利下げに加え、「因城施策(都市の実情に合わせた施策)」で各地方政府が様々な需要喚起策を打ち出しています。

全国的な不動産市場は底打ちしたと思われますが、都市により状況は異なります。人口流入が進む大都市と過疎化が進む地方都市との二極化がさらに鮮明となりそうです。

記事はこちら

日経ビジネス 『西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ』過去の連載記事一覧はこちら

【日経ビジネス】恒大ショックで中国経済は危機に陥るのか?

2021/10/13

中国の不動産大手「中国恒大集団」の経営危機がにわかに注目を浴びており、一部では、「第2のリーマンショック」といった声まで聞かれるようになりました。

昨年8月、恒大集団の有利子負債の実態が記載された内部報告書が流出。同時期に中国政府が実施した不動産規制強化が引き金となり、同社の経営は厳しくなっていきます。

恒大集団に対する無条件での政府支援は無いと思われ、短期的にはデフォルトの可能性は十分考えられますが、システミックリスクの発生や不動産価格の暴落など、中国経済が危機に陥る可能性は低いと考えています。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら