【日経ビジネス】広場に突如、無人のジムボックスが登場

2018/9/26

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
広場に突如、無人のジムボックスが登場
中国人の健康意識とスマホ決済の普及

北京マラソンを間近に控えた9月上旬、私が住む団地内に無人のフィットネスジムボックスが設置されました。スマホ経済が広がりを見せている中国では、ジムすらも無人化してしまうような時代になったんですね。

結構ハイテク技術が使われている一方で、ビジネスモデルは労働力に頼ってる部分も多くあり、軌道に乗って成長できるのか興味津々です。引き続き観察を続けていこうと思います。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【国際通貨研究所】国際通貨研究所セミナーに登壇しました

2018/8/29

国際通貨研究所で、「中国における供給側構造改革とニューエコノミー」と題した講演を行いました。

金融機関・企業、大学、メディア、大使館などの幅広い方々に多数ご参加いただきました。質疑応答では多くの質問があり、中国に対する関心の高まりを強く感じました。

 

国際通貨研究所セミナー_20180829

 

【日経ビジネス】中国eスポーツに年収数億円のゲームキャスター

2018/8/28

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
中国eスポーツに年収数億円のゲームキャスター
推進と規制のジレンマ

ジャカルタ・アジア大会でデモンストレーション競技となったeスポーツが世界的な盛り上がりを見せています。

中国ではスマホ決済の爆発的普及を背景に、オンラインゲーム市場が2014年以降急拡大しました。ゲーム産業の発展はレジャー消費拡大に資する一方で、青少年などに対する悪影響も懸念されています。中国では推進と規制のジレンマに激しく揺れています。

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

【読売新聞】朝刊 『論点』 「中国新サービス 日本にも商機」

2018/8/15 読売新聞 朝刊「論点」

中国に詳しくない一般読者向けにわかりやすく書いたつもりです。ご興味のある方はぜひご笑覧くださいませ。

(要旨)
・決済サービスを中核としたニュービジネスが日々誕生
・先進国では安価な労働力に頼った「中国モデル」は通用せず
・無人消費市場が拡大しており日本企業にもチャンス

 

読売新聞「論点」_20180815

【日経ビジネス】キャッシュレス化する中国、銀行員はリストラ

2018/6/19

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
キャッシュレス化する中国、銀行員はリストラ
現金流通減り預金残高が増加

中国ではキャッシュレス化が急激に進んでおり、銀行業務やマネー構造に大きな変化が出始めています。

先日東京出張の際に新宿駅のATMに長蛇の列ができていてビックリしました。銀行の窓口にも多くの人があふれていましたが、このような光景は北京ではほとんど見かけなくなりました。

将来、銀行が街から姿を消し、ATMが産業廃棄物と化すのもあながち絵空事では無い、と本気で思っています。

 

記事はこちら
日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら