【日経ビジネス】サッカーW杯、不出場でも存在感示した中国

2018/7/25

【連載】西村友作の「隣人の素顔」~リアル・チャイナ
サッカーW杯、不出場でも存在感示した中国
強化のお手本は日本

今回は、私もロシアまで日本代表の応援に駆けつけたワールドカップ、中国が政府主導で進めるサッカー改革に関する内容です。

「今回のロシアW杯。サッカー代表チーム以外、中国の全てが参加していると言っていいでしょう」

これは中国の有名キャスター白岩松氏のコメントです。日本の報道でも話題になりましたが、今回のW杯の中国企業スポンサーと中国人観客の多さは想像を絶しました。

その中国では、代表チームのW杯出場、自国でのW杯開催を目指し、習近平国家主席主導でサッカー改革が始まっています。

「社会主義現代化強国」を目指す中国ですが、スポーツの世界においても、国家主導で強国の仲間入りを果たすことができるのでしょうか。興味深い「社会実験」が始まっています。

 

記事はこちら

日経ビジネス 過去の連載記事一覧はこちら

投稿者:

西村 友作

中国 対外経済貿易大学 教授、日本銀行北京事務所客員研究員、専門は中国経済・金融。