【日経中文網】可否用日本经验帮中国治理环境问题(日本のノウハウで中国の環境問題改善を)

2017/2/10

日経中文網コラムの第七弾です。中国経済が新状態へとシフトチェンジする中、企業の業績不振のせいか、環境投資が減少してます。
中国の環境汚染といえばPM2.5に代表される大気汚染です。先日のNHKスペシャルでの取材も大気汚染ばかり。しかし、日本の四大公害の内、大気汚染は「四日市ぜんそく」のみで、残りは全て水質汚染であった事実を考えると、中国の水質汚染もかなり進んでいることが考えられます。
第二の故郷中国。どうか、我が故郷熊本の二の轍を踏みませんように。

※中国語

記事はこちら

投稿者:

西村 友作

中国 対外経済貿易大学 教授、日本銀行北京事務所客員研究員、専門は中国経済・金融。